ついにeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)が登場!初心者はこれ1本を買えばいい




こんにちは、シータ(@tsumitate_theta)です。

blank
サブレくん
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)がおすすめって聞いたけど、何がそんなにいいぽっぽ?
blank
シータ
王道の資産配分「市場ポートフォリオ」をこれ1本で低コストに構築できるから、手間をかけたくない人や資産運用の初心者の方にはぴったりだよ

この記事では「投資信託のeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)って何がいいの?」という方向けに、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)についてご紹介します。

この記事で分かること

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のすごいところ
  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の懸念点

その他のeMAXIS Slimシリーズについては「eMAXIS Slimの実質コストが判明!今後はeMAXIS Slimだけ買えばいい」で紹介しているので、脱初心者を目指している方はぜひご覧ください。

blank
シータ
それでは早速みていくよ!

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)とは

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

blank
シータ
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、業界最低水準の運用コストを目指す「eMAXIS Slimシリーズ(イーマクシススリム」から新たに登場した投資信託だよ

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は2018年10月31日に新規設定された比較的新しい投資信託です。

中身は、全世界に満遍なく低コストに投資できる投資信託になってます。

blank
サブレくん
基本情報はこちらだぽっぽ
ファンド名eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
設定日2018/10/31
商品種別インデックス投信
資産クラス全世界株式
対象インデックスMSCI ACWI Index
購入手数料0%
信託財産留保額0%
信託報酬0.1144%
実質コスト0.25028%
純資産総額372.32億円
(2020/07/31)
主な販売会社楽天証券SBI証券マネックス証券

投資信託が追従するインデックスは「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」です。

これは日本・先進国株式・新興国株式の3つの地域からなる全世界の株式市場平均を追従するインデックスになってます。

SPONSORED

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のすごいところ

計算するポイント
blank
シータ
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のすごいところは次の2つだよ
オールカントリーのすごいところ

  1. 世界の株を丸ごと保有する「市場ポートフォリオ」を最安価格で実現できる投資信託
  2. 1本で国際分散投資が完結するから楽チン。配分調整・リバランスなどのメンテナンスが不要

世界の株を丸ごと保有する「市場ポートフォリオ」を最安価格で実現できる投資信託

blank
シータ
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、これ1本で世界の株を丸ごと保有する「市場ポートフォリオ」を作れるんだ

しかも、「全世界に投資する他のどの投資信託」よりも手数料が安いんだよ

blank
サブレくん
ちょっと待って!

「市場ポートフォリオ」ってなんだぽっぽ?

blank
シータ
まずは簡単に「市場ポートフォリオ」から紹介するね

市場ポートフォリオってなに?

blank
シータ
「市場ポートフォリオ」っていうは、全世界の株式を時価総額の配分どおりに保有するポートフォリオのことだよ
blank
シータ
「株価x発行株式数」で会社の時価総額が決まるけど、それを全世界の会社の分だけ合計したのが全世界の時価総額だよ。
blank
シータ
世界の時価総額を国や地域別に分類すると、次のようになっているよ
地域別世界時価総額配分
国別世界時価総額
blank
シータ
最近の世界は、米国が53%、日本が8.2%、英国が5.9%・・・という感じだね
blank
シータ
地域で分類すると「日本:先進国:新興国=10:80:10」という感じの配分だよ

(最新の全世界時価総額配分はmyINDEXで確認できます。)
参考:世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新) – myINDEX

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)が追従するインデックス「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」は、ここで紹介した全世界時価総額配分になるよう設計されたインデックスです。

blank
シータ
「市場ポートフォリオ」が最もいいよと理論的に証明した「資本
資産価格モデル(CAPM)」
ウィリアム・シャープさんらは1990年にノーベル賞を受賞しているよ

参考:資本資産価格モデル – Wikipedia

blank
シータ
人気のロボアドバイザー、ウェルスナビも株式部分は「市場ポートフォリオ」をベースに配分を決めてるよ

参考:ウェルスナビのホワイトペーパー

blank
シータ
だから、投資の初心者は「市場ポートフォリオ」を取り入れるのが正解だよ。
blank
シータ
誰でも市場の平均的なリターンを簡単にゲットできるから、大失敗する確率は劇的に減らせるよ
blank
サブレくん
わかったぽっぽ!

全世界株式に投資できる他の投資信託とコストを比較してみる

blank
シータ
「市場ポートフォリオ」が資産運用の王道だってことはわかったと思うけど、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、最安価格で「市場ポートフォリオ」を組めるんだよ
blank
サブレくん
そうなのかぽっぽ?
blank
シータ
全世界株式に投資できる他の投資信託と比べて、コストが安いかどうかを見てみよう

eMAXIS Slimオールカントリーと同じく全世界に丸ごと投資できる投資信託には、大人気の「楽天・全世界株式インデックス(楽天VT)」があります。

コストを比較した表は次のとおりです。

投資信託の運用コストは「実質コスト」で計りますが、「は?何それ?」という方は先に「信託報酬じゃわからない。投資信託の真の費用は実質コストで判断しよう」に目を通してもらえると理解がスムーズです。

ファンド名信託報酬
(税込)
実質コスト純資産総額
eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
0.1144%0.21132%287.89億円
楽天
全世界株式
(楽天VT)
0.212%0.3912%389.63億円
blank
シータ
実質コストはeMAXIS Slim全世界株式の方が全然安いよ!

楽天VTの実質コストは1期の頃よりもだいぶ改善されて低コストになりましたが、それでもeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の方が断然低コストになっています。

SPONSORED

1本で国際分散投資が完結するから楽チン。配分調整・リバランスなどのメンテナンスが不要

blank
シータ
1本で国際分散投資が完結できると、運用中のメンテナンスが不要になるのでとても楽チンになるよ

もし、複数の投資信託を組み合わせて「市場ポートフォリオ」を作ろうとすると、次のように3本の投資信託を組み合わせて保有することになります。

自力で作る市場ポートフォリオ

  1. eMAXIS Slim国内株式(TOPIX):8%
  2. eMAXIS Slim先進国株式:81%
  3. eMAXIS Slim新興国株式:11%

運用を始めるときはこの配分どおりに注文すれば良いのですが、時間が経つにつれて追従すべき「市場ポートフォリオ」の配分は変化していくので、完全放置だと投資パフォーマンスが落ちていってしまいます。

blank
シータ
パフォーマンスを落とさないためにやるべきメンテナンス作業はこんなのがあるよ
定期的なメンテナンス作業

  • 定期的な資産配分チェック
  • 市場ポートフォリオからずれていたら、リバランスをする

複数の投資信託で運用するときはこんな作業が必要になりますが、1本で完結する「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」ならこれらの作業は不要です。

また、かつては自力で複数の投資信託を組み合わせる方が手数料を安くおさえることができましたが、いまは信託報酬値下げが進み、オールカントリー1本だけの方が低コストという驚きの状況になっています。

信託報酬のコストの違い

  • eMAXIS Slimシリーズで自作した場合:
    信託報酬0.118052%
  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)1本の場合:
    信託報酬0.1144%
blank
シータ
これなら、1本で済ませてメンテナンス不要にした方がメリットは大きそうだよね
SPONSORED

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の懸念点

悩む
blank
サブレくん
逆にデメリットはないのかぽっぽ?
オールカントリーの懸念点

  1. 純資産総額が順調に伸びていくか
  2. 新設されるマザーファンドはだいじょうぶか
blank
シータ
1つずつみていこう

懸念点は純資産総額が順調に伸びていくか

blank
シータ
オールカントリーの懸念点は、新しい投資信託だから純資産総額が増えるかわからないことだよ

純資産総額の表をもう一度みてみます。

ファンド名信託報酬
(税込)
実質コスト純資産総額
eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
0.1144%0.21132%287.89億円
楽天
全世界株式
(楽天VT)
0.212%0.3912%389.63億円

楽天VTは流石の380億円。じゅうぶんなお金が集まっています。

一方のeMAXIS Slimは開始直後の11月2日ではまだ0.11億円です。

もし、じゅうぶんなお金が集まらなければ「償還」となり、運用中止となってしまうリスクもあったのですが、2020年6月時点で280億円まで増えています。

この水準まで増えてきているので、今後もおそらくは問題ないでしょう。

blank
シータ
コスト計算ができる人ほどコスパの良さはわかるから、まだまだ増えていくと思うよ!
SPONSORED

もう1つの懸念だった新規設定のマザーファンドはだいじょうぶそうな気配

この話はマニアックなので初心者の方はスルーしてください。

もう1つの懸念材料として新規に設定されるマザーファンド「日本株式インデックスマザーファンド」っていうのはだいじょうぶなのかい?という問題がありました。

この件に関して委託会社の「三菱UFJ国際投信株式会社」から11月2日にアナウンスがありました。

参考:eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)ポートフォリオ構築のお知らせ

eMAXIS Slim全世界株式のポートフォリオ構築
日本株式インデックスマザーファンド

  • 新規設定のマザーファンドでも純資産3億円ある(1000万とか少額ではないよ)
  • 現物比率94%ある(先物80%とかではないよ)
  • 銘柄数は295(多くの銘柄カバーしてるよ)
blank
シータ
売買手数料がどのぐらいになるかはまだわからないけど、eMAXIS Slimを信じていいんじゃないかと思うよ
SPONSORED

まとめ:eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)はポイント還元がお得な楽天証券で買おう

というわけで、今までは初心者向けの1本としては「楽天全世界株式(楽天VT)」をこのブログでは推してきましたが、これからは「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」推しに変わります。

それほど優秀な投資信託だと思います。初心者がつみたてNISAで始める最初の1本として最強のスペックです。

これまで楽天VTに積み立ててきた方は、eMAXIS Slim全世界株式に切り替えると良いです。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、まだiDeCoはどの証券会社も取り扱いがなく、つみたてNISAで買うしかありません。

つみたてNISAをやるなら「楽天カード払いで積立をすると1%ポイント還元がもらえる楽天証券」が圧倒的にお得です。

ノーリスクで1%コストを安くできるので負けにくくなります。僕もSBI証券から楽天証券のつみたてNISAへ移管をしました。

期間限定の口座開設キャンペーンで2000〜4000ポイントもらえるので、まだの口座をお持ちでない方は忘れないうちに「楽天証券」に申し込みしておきましょう!

CHECK! 【楽天証券】口座開設キャンペーン

楽天証券と他証券会社の比較は、こちらの記事をご覧ください。

ローコストでおすすめのネット証券

blank
楽天証券
blank
SBI証券
blank
マネックス証券(iDeCo)
















2 件のコメント

  • 御紹介されている「自力で作る市場ポートフォリオ」の新興国比率と先進国比率が逆になってます!
    なかなか尖ったポートフォリオになっているので、修正いただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください