リーマンショック再来?!当時の下げ幅・推移・期間は?歴史を知り暴落に備えるべし




「暴落の数だけ人は強くなれる」

こんにちは、リーマンショックではFXで500万円失い、一発退場したシータ@reuse_theta)です。

サブレくん
米国に連鎖して世界中の株価が下落してるぽっぽ

またリーマンショックみたいな大暴落が来るぽっぽ?

シータ
可能性はあるね。これからのことは予想しきれないけど

いったん当時の推移を振り返ってみよう!

リーマンショックが起きた2008年、まだ投資をしていなかった人も多いと思います。正直僕も失った金額がショックすぎて、どんな推移をしていたのか全く覚えていません。

そこでこの記事では、リーマンショック近辺でのS&P500の推移を振り返り、今後の値動きを占うネタにしてみたいと思います。

この記事でわかること
  • リーマンショックの暴落スタート近辺での価格推移がわかる
  • リーマンショックの暴落スタートから底値までの期間がわかる
  • リーマンショックの暴落スタートから底値までの下げ幅がわかる
  • 投資初心者は暴落の時にどうすればいいかわかる




リーマンショックの暴落スタート近辺の値動き

シータ
まずはリーマンショックが起きた2008年9月のS&P500を見ていくよ
リーマンショックが2008年9月の値動き
サブレくん
表は横にスクロールできるぽっぽよ
日付終値始値高値安値前日比%
2008年
09月02日
1,277.581,287.831,303.041,272.20-0.41%
2008年
09月03日
1,274.981,276.611,280.601,265.59-0.20%
2008年
09月04日
1,236.831,271.801,271.801,232.83-2.99%
2008年
09月05日
1,242.311,233.211,244.941,217.230.44%
2008年
09月08日
1,267.791,249.501,274.421,247.122.05%
2008年
09月09日
1,224.511,267.981,268.661,224.51-3.41%
2008年
09月10日
1,232.041,227.501,243.901,221.600.61%
2008年
09月11日
1,249.051,229.041,249.981,211.541.38%
2008年
09月12日
1,251.701,245.881,255.091,233.810.21%
2008年
09月15日
1,192.701,250.921,250.921,192.70-4.71%
2008年
09月16日
1,213.601,188.311,214.841,169.281.75%
2008年
09月17日
1,156.391,210.341,210.341,155.88-4.71%
2008年
09月18日
1,206.511,157.081,211.141,133.504.33%
2008年
09月19日
1,255.081,213.111,265.121,213.114.03%
2008年
09月22日
1,207.091,255.371,255.371,205.61-3.82%
2008年
09月23日
1,188.221,207.611,221.151,187.06-1.56%
2008年
09月24日
1,185.871,188.791,197.411,179.79-0.20%
2008年
09月25日
1,209.181,187.871,220.031,187.871.97%
2008年
09月26日
1,213.271,204.471,215.771,187.540.34%
2008年
09月29日
1,106.421,209.071,209.071,106.42-8.81%
2008年
09月30日
1,166.361,113.781,168.031,113.785.42%

データ元:米S&P 500 – Investing.com

リーマンショック(アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻したの)は2008年9月15日(月)です。朝起きたら500万円ロスカットされていたのは今でも忘れられない良い思い出です。

その日は-4.71%の下げ幅となりました。

2008年9月15日よりも前からちょいちょい下落があった

シータ
リーマンショックの前から小幅な下落は起きていたよ

2008年9月8日は3.41%の下落になっています。

本日(2018年10月11日)の朝もみんな「ぎゃー!!!」となっていましたが、下落幅は3.29%です。

リーマンショックに重ねてみると、まだ始まっていない状態ですね。逆に言うとこれぐらいの下落が引き金になって大きな下落につながるのかもしれません。

SPONSORED

下落翌日に大きく戻す日もちょいちょいある

シータ
毎日下がり続けていたわけではなくて、下落と同じぐらいの値幅を戻す日もたくさんあったよ
2008年9月15日、9月17日は-4.71%の下落ですが、翌日9月18日、翌々日9月19日は4%以上の値上がりになっています。

下落後に根を戻しても、全然安心できないことがわかりますね。

月曜日に下落していることが多かった

シータ
よくよくみると月曜に下落していることが多いね

2008年9月は15日のリーマンショック以後、22日、29日連続で月曜に大幅に下落しています。

水曜と月曜は下落が多いなんてことも言われたりしますね。

こうなると2018年10月15日も要注意ですね。

SPONSORED

最大の下落はリーマンショックの日ではなく、後日起きている

シータ
実はリーマンショックの日は暴落のきっかけに過ぎず、大きい下落は後日に来ているよ

改めて見てみると2008年9月15日は、下げ幅がめちゃめちゃ大きかったというわけではありません。

2008年9月29日の方が8.81%と下落幅が大きくなっています。

SPONSORED

リーマンショックの底値までの期間と下げ幅、復帰までの期間

シータ
次は底値までの期間と下げ幅を見ていくよ

もう少し視野を広げて底値までの期間を振り返ります。

リーマンショックの底値・推移
日付終値始値高値安値前日比%
8月 20081,282.831,269.421,313.151,247.451.22%
9月 20081,166.361,287.831,303.041,106.39-9.08%
10月 2008968.751,164.171,167.03839.8-16.94%
11月 2008896.24968.671,007.51741.02-7.48%
12月 2008903.25888.61918.85815.690.78%
1月 2009825.88902.99943.85804.3-8.57%
2月 2009735.09823.09875.01734.52-10.99%
3月 2009797.87729.57832.98666.798.54%
4月2009872.81793.59888.7783.329.39%
5月2009919.14872.74930.17866.15.31%
6月 2009919.32923.26956.23888.860.02%
7月 2009987.48920.82996.68869.327.41%
8月 20091,020.62990.221,039.47978.513.36%
9月 20091,057.081,019.521,080.15991.973.57%
10月 20091,036.191,054.911,101.361,019.95-1.98%
11月 20091,095.631,036.181,113.691,029.385.74%
12月 20091,115.101,098.891,130.381,085.891.78%
1月 20101,073.871,116.561,150.451,071.59-3.70%
2月 20101,104.491,073.891,112.421,044.502.85%
3月 20101,169.431,105.361,180.691,105.365.88%
4月20101,186.691,171.231,219.801,170.691.48%
5月20101,089.411,188.581,205.131,040.78-8.20%
6月 20101,030.711,087.301,131.231,028.33-5.39%
7月 20101,101.601,031.101,120.951,010.916.88%
8月 20101,049.331,107.531,129.241,039.70-4.74%
9月 20101,141.201,049.721,157.161,049.728.76%
10月 20101,183.261,143.491,196.141,131.873.69%
11月 20101,180.551,185.711,227.081,173-0.23%
12月 20101,257.641,186.601,262.601,186.606.53%
1月 20111,286.121,257.621,302.671,257.622.26%

底値は2009年3月9日。リーマンショックから約半年後

シータ
底値は2009年3月9日。リーマンショックから半年後だよ

「バブル崩壊!」と言っても、短期間で底を打つわけではないんですね。

リーマンショックは始まってから半年後が底となりました。2000年のITバブルでは約2年後が底でした。

いつが底になるのかを読みきることは簡単ではなさそうです。

SPONSORED

底値までの下落幅は-45.95%!耐えきれるか!

シータ
リーマンショックの底値までの下落幅は45.95%だったよ

下落幅は45%もあったんですね。

1000万円運用していたら、550万まで目減りします。耐えられるでしょうか。

仮想通貨と比べると可愛いものですが、仮想通貨未経験の人にはショックが大きいかもしれません。

元の価格に戻ったのは2010年12月。暴落から2年3ヶ月後

シータ
暴落前の値段に戻ったのは2年3ヶ月後の2010年12月だよ

リーマンショックは暴落から復活まで2年3ヶ月かかりました。

このぐらいの期間、めげずに淡々と積み立て投資が継続できれば、暴落前よりも利益を出すことができるわけですね。

45%下落を食らっても踏ん張り、最後まで続けたものだけは勝者になれます。

リーマンショック再来間近?!資産運用初心者が心がけること

SPONSORED

むやみに買い増ししない。淡々と積み立て投資を続ける

シータ
初心者が底を見極めるのは不可能に近いよ

僕も含めなんですが、投資初心者がタイミングをはかり成功させるのは相当難易度が高いんですよね。

僕も仮想通貨でタイミングを計って追加投資をして200万ぐらいやられているので、本当におすすめしません。

後から振り返れば、暴落したからと言って一度に追加購入せず、淡々と積み立てを続けていた方が結果オーライだったな、ということになる人の方が多いと思います。

くれぐれも自分を過信せず、謙虚に積み立て投資をしていきましょう。

それでも暴落する可能性がわかっているのにじっとしてなんかいられないよ!ギャンブルと割り切ってトライするのは止めません

もしかすると、初心者でもうまく波に乗って大儲けすることができるかもしれません。

そんな方はギャンブルだと割り切ってトライしてみるのもいいかもしれません。

シータ
僕は本当にオススメしないよ!

ただ、この選択肢を取る場合はどうなっても知りません。

敗北する可能性が高いことを覚悟した上でトライしてみてください!

SPONSORED

まとめ:初心者は暴落時も粛々と積立を。つみたてNISAは圧倒的にお得な楽天証券で取り組もう

過去を振り返ってみましたが、投資初心者の方にとってやるべきことは変わりません。

いつもと変わらず積み立てを続けるのみです。逆に相場を見ない方が精神的には良いかもしれません。

シータ
僕もいつもどおり積立を続けるよ

淡々と積立をするのは「つみたてNISA」を利用すると運用益が非課税になるのでお得です。

中でも「楽天カード払いで積立をすると1%ポイント還元がもらえる楽天証券」が圧倒的にお得です。

ノーリスクで1%コストを安くできるので負けにくくなります。僕もSBI証券から楽天証券のつみたてNISAへ移管をしました。

今なら期間限定で楽天ポイントがもらえるキャンペーンを開催しているので、まだの口座をお持ちでない方はお得なこのタイミングで申し込んでおきましょう!

CHECK! 【楽天証券】口座開設キャンペーン

楽天証券と他証券会社の比較は、こちらの記事をご覧ください。
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください