楽天モバイル「スーパーホーダイ」は口コミ・評判通り?実際に使って分かった評価をレビュー

こんにちは、mineoから楽天モバイルへ乗り換えたシータ@reuse_theta)です。

実際にやってわかった楽天モバイル「スーパーホーダイ」の申し込み方法・必要なもの・注意点を丁寧に解説」で申し込みをしたSIMが、予定通り8月1日に届き、開通手続きを済ませました。

僕が契約したのは楽天モバイル「スーパーホーダイ」で最も通信料が少ない(2G)のプランSです。楽天ダイヤモンド会員で3年契約にすると月額料金980円(税抜)になる激安プランです。

1Mbpsでネット使い放題、10分以内なら電話カケホーダイを実際に使ってみました。

結果的には、「容量気にせず1000円で使い放題。テザリングもできるからカフェでブログ書き放題。ポケットwifiと統合できて1000円で済むから控えめに言って神」です。

\ポケットWiFi要らずで使い放題!/

この記事では使ってみてわかった楽天モバイルのいいところ、わるいところをご紹介します。

「スーパーホーダイ」の速度はだいじょうぶ?常時低速低速モードでもストレスなく使えた


申し込み前に1番気になっていたのは、「低速モード時の1Mbpsは本当に使用に耐えうる通信速度なのか?」というところです。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」をお得に使う方法をとことん調べてみたら乗り換えない理由が見つからなかった話」でも一応動画や他の人のレビューを事前に調べてはいたものの、やはり使って見るまでは100%の確信には至りません。

結論としては、実際に使ってみましたが1Mbpsで全く問題ありませんでした。

問題なく使える速さだったもの

  1. Youtubeなどの動画再生
  2. Google Mapの経路探索
  3. ネットでの調べもの

ただ、高速時のスピードは、以前のMineoに比べるとやや遅いです。

楽天モバイル「スーパーホーダイ 」の実測値

実際にアプリでスピードを測ってみた結果はこちら。

mineoの通信速度

mineoの通信速度

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルの通信速度

mineo速度が調子良すぎて100Mbpsを超えていますが、常時ここまで出る訳ではありません。ですが、楽天モバイルよりは早く感じました。

とはいえ、楽天モバイルの場合は常に低速モードでも使用に耐えられる速度なので、データ通信量を多く使いがちな僕は楽天モバイルスーパーホーダイの方が満足です。

もし、使用量は少ないけど速度が速い方がいい!という方はmineoの方が合っているかもしれません。

12:00〜13:00、18:00〜19:00の低速は遅い。この時間帯に高速モードの通信料を使う

高速データ通信オフ

楽天モバイルは、高速データ通信のオンオフをアプリから設定できるので、通常時は低速モードで使っていました。

低速モードで使い続けていて感じたのは、速度が特に低下する以下の時間帯は本当にスピードが遅い、ということです。

通信速度が低下する時間帯

  1. 12:00〜13:00
  2. 18:00〜19:00

Mineoで通信制限にかかったときよりは多少速いレベル。

試しに高速モードに切り替えてみたところ、高速モードでは問題ないスピードが出てました。

なので、この時間帯だけは高速モードに切り替えて使うのがストレスなく使えるのでおすすめです。

オススメの使い方

  • 通常時は低速モードで使用
  • 12:00〜13:00、18:00〜19:00は高速モードで使用

パソコンでテザリングしてもノーストレス。多少遅くても容量無制限で使えるメリットの方が大きい

テザリング

手持ちのiPhoneでテザリングにもトライしてみました。

テザリングとは、スマホの通信回線を使ってタブレットやパソコンなど他の端末でネットをすることです。

iPhoneのテザリングは、充電しながらネット接続もできるUSBテザリングで試してみました。

結果的にはこちらも全く問題ありませんでした!

これからは通信容量を気にすることなく、どこでも好きなカフェでブログを書くことができます!最高ですね。

テザリングをするメリット

  • 通信容量を気にすることなく、どこでも好きなカフェでブログを書くことができる
  • mineoで契約していたPocket Wi-Fi用のデータ通信SIM(6G)も解約できるので、通信料金がSIM1枚分浮く
  • Pocket Wi-Fiの端末を持ち運ぶ必要がなくなるので楽

楽天モバイルはドコモの回線を使っているのでエリアは問題ありません。

参考:楽天モバイル: 教えて!格安スマホ/通信エリアはどうなってるの?

\テザリングできるからカフェでブログ書き放題!/

「スーパーホーダイ」は10分間電話カケホーダイがついてるから、お店の予約や簡単な連絡で通話料がかからないのが最高

通話料が無料

楽天モバイル「スーパーホーダイ」には10分間の電話かけ放題が付いています。

僕の場合、割とちょろちょろ日常の中で電話をする機会がありました。

ちょろちょろ発生する電話

  • お店の予約で電話
  • 歯医者・病院の予約で電話
  • 不動産屋へ電話
  • 銀行へ電話
  • 火災保険の更新で電話

これらの通話で通話料がかからないのは、本当に大きいです。

Mineo時代は、こういう細々した電話で1000円ぐらいの通話料がかかっていました。

LaLaコールというIP電話を使って通話料を節約していたこともありましたが、かけ始めの通話品質が悪くてなかなか使い続ける気にもなれず。

楽天モバイルでは「楽天でんわ」というアプリを使って電話をかけるのですが、仕組みとしてはスマホ本来の通話機能を使うため、音声品質は全く問題ありません。

楽天モバイルの10分かけ放題のメリット

  • カケホーダイなので通話料が増えにくい
  • IP電話ではないため、音声品質が良い
  • 他社ならカケホーダイだけで800円かかるが、楽天モバイルスーパーホーダイなら追加料金なし

10分カケホーダイは、他社なら800円ぐらいのオプション費用がかかりますが、楽天モバイル「スーパーホーダイ 」なら無料です。

こんなにサービス盛り盛りでだいじょうぶなの?と心配になるぐらいお得です。

\ちょっとした電話はかけ放題!/

そのくせ「スーパーホーダイ」は圧倒的安さ!月額980円!

楽天モバイルの圧倒的安さ
ここまでで既に大満足しているのですが、最も嬉しいのはそのくせ月額料金が980円で済んでしまうことです。

以下の条件を満たすと、月額料金が980円になります。

月980円に抑える方法

  • 楽天モバイルスーパーホーダイのプランSで契約する(月額2980円)
  • 3年契約をする(月1000円割引)
  • 楽天会員になる(月500円割引)
  • 楽天ダイヤモンド会員になる(月500円割引)

楽天モバイルスーパーホーダイのプランSは、通信容量が2Gと少ないため不安に感じる方もいるかもしれませんが、この記事でも書いているように常時低速モードで使用しても全くストレスがないため、プランSで問題ありません。

3年契約をすると「もし3年経つ前に解約することになったら無駄に高い解約手数料を払わされて結局損をするんじゃないか」と心配になるかもしれませんが、安心してください。

いつ解約するとしても、3年契約プランが常にお得なことは「楽天モバイル「スーパーホーダイ」をお得に使う方法をとことん調べてみたら乗り換えない理由が見つからなかった話」で確認済みです。

楽天会員になるのは、無料で会員登録できるのでみんな負担は特にないと思います。

月額980円を満たすために、比較的に難しいのは楽天ダイヤモンド会員になってくると思います。

楽天ダイヤモンド会員のキープは意外と簡単


楽天ダイヤモンド会員になるための条件はこちらです。

楽天ダイヤモンド会員になる条件

  1. 楽天カードを保有
  2. 過去6ヶ月で4000ポイント以上
  3. 過去6ヶ月で30回以上ポイントを獲得

楽天カードを保有

楽天カード

「楽天カードを保有」は最も簡単ですね。

まだ持っていなければすぐに終わるので「楽天カード」から登録してしまいましょう。

過去6ヶ月で4000ポイント以上

過去6ヶ月で4000ポイント以上

4000ポイント以上の獲得は、一見難しそうに見えるかもしれませんが、楽天市場は頻繁にポイント還元が上がるキャンペーンをやっているため、割と簡単に誰でも達成できてしまいます。

簡単にポイントを貯める方法はこちらです。

楽天ポイントを簡単に貯める方法

  1. 楽天カードの保有(+2倍)楽天市場アプリの使用(+1倍)などを駆使してベースとなるポイント還元率をあげる
  2. 楽天スーパーセールお買い物マラソンなど、ポイントが大量に獲得できるキャンペーンの時に楽天で買うようにする
  3. さらにキャンペーンのタイミングに合わせて、楽天ふるさと納税をする

楽天市場では、ほぼ毎月「楽天スーパーセール」か「お買い物マラソン」と呼ばれるポイントがたくさんもらえるキャンペーンをやります。

ちょうど8月4日から8月9日までお買い物マラソンがあるので、買い時です。

さらにキャンペーンのタイミングで、楽天ふるさと納税で買い物をするのが最もお得です。

ふるさと納税は、上限額以内であれば実質2000円の自己負担で済むため、楽天ふるさと納税で使うお金は後で返してもらえます。

なので、最大でも自己負担2000円で半年間で4000ポイント獲得は達成できてしまいます。

ポイントが多くもらえるため、むしろ自己負担どころか収支はプラスになると思います。

楽天ふるさと納税」は使わないと損なので、一度試してみることをおすすめします。

過去6ヶ月で30回以上ポイントを獲得

過去6ヶ月で30回以上ポイントを獲得

ポイントの獲得回数が最も難しい部分かもしれません。

僕も最初はこの獲得回数が足りず、ダイヤモンド会員になれていませんでした。

ポイント獲得回数を稼ぐには「ローソンで楽天ペイで200円以上の買い物をする」が最も日常的に簡単にできる方法だと思います。

1度ダイヤモンド会員になると毎月5回のポイント獲得があれば、半年間で30回のポイント獲得を維持できます。

定常的に毎月発生するポイント獲得

  • 楽天カードの請求で月1回獲得
  • 楽天証券で10万円以上の投資信託保有で月1回獲得
  • 楽天銀行への振込で1件ごとに1回獲得

楽天カード、楽天証券、楽天銀行を利用していればすでに3回のポイント獲得ができます。

これに楽天ふるさと納税での買い物や、ローソンで楽天ペイ払いを合わせればダイヤモンド会員は余裕でキープできると思います。

\1000円で容量気にせず使い放題!/

楽天モバイルに乗り換えると、楽天市場でポイント2倍になるのが地味に嬉しい

ここまででも楽天モバイル「スーパーホーダイ 」が最強な理由は十分出ています。

楽天モバイルが最強な理由

  1. 1Mbpsでネット使い放題
  2. 10分以内なら電話カケホーダイ
  3. それでいて月額980円

さらに嬉しいのが、楽天市場での買い物が常時+2倍になることです。

より楽天市場での買い物がお得になるし、ダイヤモンド会員の維持も簡単になります。

言うことなしですね。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」はこんな人におすすめしたい

そんなこんなで、楽天モバイルスーパーホーダイは実際に使ってみて「これは最強の格安SIMだ」と確信したのですが、特に以下の条件に該当する人は僕と同じ満足感を得られると思うのでおすすめです。

楽天モバイルを使うと大満足できそうな人

  • 通信量を気にせずネットしたい人
  • お店の予約、歯医者、病院、不動産屋などへのちょっとした電話連絡が多い人
  • その上でケータイ代金を安くしたい人
  • 楽天サービス(楽天市場、楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天ふるさと納税など)を利用している人
\使い放題で楽天ポイントも貯まる!/

楽天モバイル「スーパーホーダイ」に乗り換えてスマホ代を節約しよう

固定費を節約して家計が筋肉質になると、浮いたお金で自分への投資をしたり、資産運用に回したり、有意義なお金の使い方ができるようになります。

スマホ料金を節約する、という意味では楽天モバイルのスーパーホーダイが提供されるサービスに対するコストパフォーマンスが最も良いです。

ネット使い放題、電話10分かけ放題、しかも楽天ポイント2倍がついて月額980円っていう料金はどう考えても最強です。

他社ならカケホーダイだけで800円かかることが多いです。

これまで格安SIMを使って来なかった人、使っているけど最近通話、データ通信が増えて料金がじわっと上がってきた人は、この機会に楽天モバイルスーパーホーダイでスマホ料金の節約に踏み込んでみてはいかがでしょうか。

\1000円で容量気にせず使い放題!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください