楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)対象商品からおすすめ銘柄を紹介

こんにちは、インデックス投資で1000万円運用しているシータ@reuse_theta)です。

サブレくん
つみたてNISAって何ぽっぽ?
シータ
20年間投資信託の運用益に税金がかからない、税制優遇のことだよ

つみたてNISAは、保有した投資信託を売却すると非課税枠が消えてしまうので、最初に買う銘柄選びも慎重にならなければいけないですよね。

でも「数ある投資信託の中から何をどう選べば良いか分からない」という方も多いのではと思います。

そこで、今回は楽天証券つみたてNISAのおすすめ商品銘柄・選び方・ポートフォリオをご紹介します。

ネット大手3社はつみたてNISA取り扱い商品に違いはないので、SBI証券・マネックス証券でもそのまま活用できます。ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読めば以下のようなことがわかります。

この記事から得られるもの

  • 楽天証券のつみたてNISAの中から何を選べば良いか分かる
  • つみたてNISAの商品を選ぶときのポイントが分かる
  • 他社のつみたてNISA商品の中からも自分で選べるようになる

なお、「iDeCo・NISAとの違い」「おすすめの資産配分」「金融機関」「商品」などつみたてNISAの網羅的な攻略情報は「つみたてNISAサイトマップ」にまとめているので、これからつみたてNISAを始めようという方は、ぜひご覧ください。

また、その他のおすすめ商品について知りたい方は「【2019年】積立NISA(つみたてNISA)のおすすめ商品・銘柄と選び方まとめ」もあわせてご覧ください。

シータ
それでは早速みていきましょう!
\楽天カード払いで1%ポイントもらえる/

楽天証券のつみたてNISA対象商品からおすすめを選ぶ方法

楽天証券のつみたてNISAには2019年6月時点で151本もの投資信託がある

楽天証券のつみたてNISAには2019年6月時点で151本もの投資信託があるので、迷ってしまうのも当然のことです。

ここではつみたてNISAの商品選びのポイントを解説していきます。

つみたてNISAで商品を選ぶ5つのポイント

シータ
つみたてNISAの商品を選ぶポイントは次の5つだよ!
つみたてNISAの商品選びで大切なこと

  • 市場平均の成果を目指す「インデックスファンド」の中から選ぶ
  • アセットクラスは新興国株式、先進国株式、全世界株式の中から選ぶ
  • 各アセットクラスの中で信託報酬が安いものを選ぶ
  • 純資産残高が一定以上に大きく、右肩上がりに増えているものを選ぶ
  • 信託報酬の値下げ実績があると理想
シータ
つみたてNISAは20年間利益が非課税になる制度だから、「長期間」「利益が最大」になる商品を選ぶのがおすすめだよ!
シータ
5つのポイントを押さえておけば、つみたてNISAの利点を最大限に活かせるから覚えておいてね!

商品選びの詳細は「つみたてNISAの商品の選び方!失敗しない5つのポイント」で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

アセットクラスごとのおすすめ銘柄

アセットクラスごとのおすすめ商品

繰り返しになりますが、NISAにふさわしいアセットクラスは以下の3つです。

つみたてNISAに適したアセットクラス

  • 先進国株式(リターンやや大)
  • 新興国株式(リターン大)
  • 全世界株式(リターン並)

1つずつおすすめをご紹介します。

先進国株式:eMAXIS Slim先進国株式インデックス

eMAXIS Slim先進国株式

世界時価総額の大部分を占める「先進国株式」の資産クラスでは、「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」をおすすめします。

基本情報はこちらです。

ファンド名eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
設定日2017/02/27
商品種別インデックス投信
資産クラス先進国株式
対象インデックスMSCI コクサイ・インデックス
購入手数料0%
信託財産留保額0%
信託報酬0.11772%
実質コスト0.1973%
純資産総額430.88億円
(2019/05/31)
主な販売会社楽天証券SBI証券マネックス証券
eMAXIS Slim先進国株式のポイント

  • 先進国株式で信託報酬が最安
  • 過去4回もの信託報酬値下げ実績がある
  • 純資産総額は右肩上がり

信託報酬は先進国株式で最安。さらに他社が値下げすれば、間髪入れずeMAXIS Slimも値下げしてきた実績があります。

純資産総額ものようにちゃんと右肩上がりになっていて安心感がありますね。

eMAXISSlim先進国チャート
シータ
eMAXIS Slimは安心感あるね

eMAXIS Slim先進国株式インデックスの実質コストや利回りなどの詳細は「eMAXIS Slim先進国株式インデックスの評価は?運用コストを抑えたい人に必須の1本」をご覧ください。

新興国株式:eMAXIS Slim新興国株式インデックス

eMAXIS Slim新興国株式

今後20年で大きく成長が期待される「新興国株式」クラスでは、「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」をおすすめします。

サブレくん
基本情報はこちらだぽっぽ
ファンド名eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
設定日2017/07/31
商品種別インデックス投信
資産クラス新興国株式
対象インデックスMSCI Emerging Markets Index
購入手数料0%
信託財産留保額0%
信託報酬0.20412%
実質コスト0.3893%
純資産総額157.26億円
(2019/05/31)
主な販売会社楽天証券SBI証券マネックス証券
eMAXIS Slim新興国株式のポイント

  • 新興国株式で信託報酬が最安
  • 過去3回、信託報酬値下げ実績がある
  • 純資産総額は右肩上がり

新興国株式で信託報酬が最安です。過去3回の信託報酬値下げ実績もあります。今後の他社の値下げにも追従してくれることが期待できます。

純資産総額も右肩上がりですね。

eMAXISSlim新興国のチャート

【2018年11月4日更新】全世界株式:eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

【2018年11月4日更新】
今まで全世界株式では「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」をおすすめしていましたが、2018年11月2日からさらに素晴らしい「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」が買えるようになったため、こちらをおすすめします。

サブレくん
基本情報はこちらだぽっぽ
ファンド名eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
設定日2018/10/31
商品種別インデックス投信
資産クラス全世界株式
対象インデックスMSCI ACWI Index
購入手数料0%
信託財産留保額0%
信託報酬0.15336%
純資産総額36.16億円
(2019/05/31)
主な販売会社楽天証券SBI証券マネックス証券
eMAXIS Slim(オールカントリー)のポイント

  • 全世界株式で信託報酬が最安
  • 資産配分が市場ポートフォリオになってるからリバランスが不要
  • eMAXIS Slimは信託報酬値下げ実績あり

全世界株式の中で信託報酬が最安であり、これ1本で全世界時価総額配分になっていてリバランスが不要だと理由でおすすめに選びました。

もし、日本を除外したいということなら「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」も良い選択肢になると思います。

eMAXIS Slimシリーズなので豊富な値下げ実績もあり、将来にわたり最低水準の運用コストを維持してくれる期待感があります。

1つ懸念として残るのは、まだ新しい投資信託なので純資産総額が少ないことです。

とはいえ、楽天VTを明確に上回る最強のスペックを引っさげての登場なので、問題なく純資産残高は増えるだろうと思っています。

詳しくは「ついにeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)が登場!初心者はこれ1本を買えばいい」で解説しているので、初心者の方はぜひご覧ください。

【番外編】バランスファンド :楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
サブレくん
そんなこと言ってもやっぱり初めての投資だから、リスクが低いファンドがいいぽっぽよ!

そんな方向けにリスクをできるだけ抑えられる商品として「バランスファンド」の中からも1本おすすめを紹介します。

それは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」です。

サブレくん
基本情報はこちらだぽっぽ
ファンド名楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
設定日2018/07/20
商品種別インデックス投信
資産クラスバランス
購入手数料0%
信託財産留保額0%
信託報酬0.2446%
純資産総額8.84億円
(2019/05/31)
主な販売会社楽天証券SBI証券マネックス証券
楽天バランス株式重視型の良いところ

  • 株式の配分が全世界の時価総額比率どおりになっていてバランスがいい
  • 債券の割合が30%程度に抑えられているので株式のリターンがちゃんと得られる
  • 信託報酬は0.2446%で、比較的安い

多くのバランスファンドが「日本株式の割合が高すぎる」「新興国株式の割合が低すぎる」といった市場平均を損なう配分を採用している中、「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」「主観」「キリのいい数字への調整」が排除された世界の時価総額比率どおりの株式配分を採用しているため、世界経済の平均点となるリターンを受けられます。

また、債券でリスクを抑えつつも株式の割合は70%保持しているため、十分リターンも得られます。

「激しい暴落は嫌だけど、世界経済のリターンはちゃんとあやかりたい」と願う初心者の方にはぴったりな商品と言えると思います。

詳しい解説は「つみたてNISAのバランスファンドでおすすめを紹介【リスクを抑えたい人向け】」もあわせてご覧ください。

資産運用レベル別のおすすめ商品

資産運用レベルごとのおすすめ商品アセットクラスごとにおすすめ商品をご紹介してきましたが、ここからはあなたに適した商品を紹介していきます。

対象を以下の3つの資産運用レベルに分けて紹介していきます。

資産運用レベル

  • 初心者:自分で資産配分を決めるのは難しい人
  • 中級者:NISA内で資産配分を決められる人
  • 上級者:NISA外も含めて資産配分できる人

それでは1つずつ見ていきましょう。

初心者:自分で資産配分を決めるのは難しい人

まずは資産運用初心者の方からです。

初心者に当てはまる人

  • 投資信託を買うのは初めて
  • 長期投資なんてしたことがない
  • 資産配分を自分で決める自信がない

こんな方には「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」をおすすめします。

「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を毎月定額(最大33,000円)でつみたてましょう。

これだけであとは完全放置でOKです。このファンドを買えば世界を丸ごと買ったことになるので面倒なリバランスがは不要です。

ただただ積み立て続けるだけで世界経済の成長と同等なリターンを得られます。

ただし、他のファンドより楽な分、リターンは少なくなります。

中級者:NISA内で資産配分を決められる人

次に中級者向けです。

中級者に当てはまる人

  • NISAの中で自分で資産配分ができる

こんな方は以下の2刀流がおすすめです。

2つを併用

  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス

この2本でNISA枠内で思い思いの資産配分を組んでみましょう。

「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を1本丸ごと買うよりも信託報酬を安くあげることができます。

定期的に資産配分を確認して、崩れてきているようならノーセルリバランスで配分を調整しましょう!

「ノーセルリバランスって何?」という方は「積立NISA(つみたてNISA)でリバランスをする方法!バランスファンド・ノーセルリバランス・iDeCo活用まで図解で解説」で具体的に紹介しているので参考にしてみてください。

上級者:NISA外も含めて資産配分できる人

最後に上級者向けです。

上級者に当てはまる人

  • NISA外も含めて資産配分できる

こんな方にはもはや説明の必要もない気がしてきましたが(笑)、以下のいずれか1つ選びましょう。

いずれか1つ

  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス

選ぶときは、まず確定拠出年金の枠を新興国株式から埋めて、溢れた部分をNISA枠で使うようにしましょう。

NISA外も含めた資産置き場

  1. 確定拠出年金:まずここで新興国株式を買う
  2. NISA:次にここで新興国株式or先進国株式を買う
  3. 特定口座:残りをここで買う

自分で決めた資産配分どおりに、リターンの高いアセットクラスを上記の順に埋めていく

シータ
これで完璧だね

まとめ:つみたてNISAはポイント還元がお得な楽天証券でやろう

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)対象商品からおすすめと運用方法をご紹介しました。

改めてつみたてNISAの商品選びで大切なポイントはこちらになります。

つみたてNISAの商品選びで大切なこと

  • アセットクラスは新興国、先進国、バランス型の中から選ぶ
  • 各アセットクラスの中で信託報酬が安いものを選ぶ
  • 純資産残高が一定以上に大きく、右肩上がりに増えているものを選ぶ
  • 信託報酬の値下げ実績があると理想

これさえ覚えておけば、どの証券会社でもつみたてNISAの商品選びに失敗することはないと思います。

繰り返しになりますが、つみたてNISAをやるなら「楽天カード払いで積立をすると1%ポイント還元がもらえる楽天証券」が他社と比べてお得です。積立のクレカ払いでポイント還元があるのは楽天証券だけになります。

1%コストを安くできると、長期の資産運用で有利に働きます。少しでもリターンを増やしたいので、僕もSBI証券から楽天証券のつみたてNISAへ移管をしました。

口座開設は少し面倒に感じるかもしれませんが、ノーリスクでリターンが増やせるので単純にやらないともったいないです。

今なら期間限定で楽天ポイントをもらえるキャンペーンも開催中です。

まだの口座をお持ちでない方は、お得なこのタイミングで申し込んでおきましょう。

CHECK! 【楽天証券】口座開設キャンペーン

楽天証券と他証券会社の比較は、こちらの記事をご覧ください。

↓おすすめのネット証券↓

楽天証券
SBI証券
マネックス証券(iDeCo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください