還元率だけで選んでない?カードは実質還元率で選べ!




こんにちは、シータ(@reuse_theta)です。

クレジットカードを選ぶとき、還元率だけで選んでいませんか?

それでは最もお得なカードを選べているとは言えません。

真の還元率は、実質還元率を見ないと判断できないからです。

実質還元率とは何か。

今回は、マニアックにクレジットカードの真の還元率となる実質還元率について解説します。




還元率を比較するときは実質還元率で考えよう

Cacheback

還元率というのは、クレジットカードで使った金額に対してもらえるポイントの割合のことを言います。

還元率1%のクレジットカードであれば、1万円を使うと100ポイントもらえる、ということですね。

クレジットカードを選ぶとき、この還元率を基準に選ぶ人が多いと思います。

あなたも還元率で選んだカードがあるはずです。

ですが、この還元率は以下の大事な部分が考慮されていません。

  • 入会キャンペーンで追加でもらえるポイント
  • 年会費やポイント交換にかかる費用

これら次第で実はものすごくお得なカードになったり、たいしてお得ではないカードになったりします。

見逃してはならない入会キャンペーンの存在

クレジットカードには入会キャンペーンというものが存在します。

例えば、

  • カード入会で10000ポイントプレゼント
  • 初年度年会費無料
  • 入会後、3ヶ月以内に10万円を使うと20000ポイントプレゼント

といったものです。

カードの還元率を考えるときは、これらの入会キャンペーンでもらえるポイントを加味しないと、正しい還元率で比較できているとはいえません。

例えば、通常時の還元率が1.2%のカードがあって他のカードよりもお得に思える。

でも20万円使った時点でもらえるポイントを比較してみると、別の入会キャンペーン付きのカードの方が多くのポイントをもらうことができた。

なんてことは、気づいていないだけで実はよく起きています。

本当にお得なカードの使い方は、ある程度の期間で入会キャンペーンを渡り歩くことだったりするんですね。

SPONSORED

年会費やポイント交換にかかる費用も加味する

キャンペーンだけでなく、カードによっては別途費用が発生するものがあります。

  • 年間費
  • ポイント交換のための費用(コース料金など)

真の還元率を見るためには、これらの費用も含めることも大切です。

SPONSORED

キャンペーンを考慮して実質還元率を出してみよう

Sale

アメックスビジネスゴールドの実質還元率を出してみる

それでは実際に実質還元率を計算してみます。

アメックスビジネスゴールドカードの実質還元率を出してみましょう。

現在アメックスビジネスゴールドカードで行われている招待による入会キャンペーンは以下のようになっています。

入会キャンペーン
  • 年会費
    33,480円
  • ポイント交換
    3,240円
  • 3ヶ月以内で20万利用
    20000ポイント
  • 3ヶ月以内で50万利用
    50000ポイント
  • 3ヶ月以内で100万利用
    80000ポイント
  • 1年以内で200万利用
    110000ポイント

アメックスビジネスゴールドは、通常時の還元率1%のクレジットカードです。

アメックスのポイントは1ポイント=1マイルで交換できます。

アメックスの実質還元率を見てみしょう。

実質還元率
  • 20万円利用のとき
    費用合計:33480+3240+200000=236720円
    獲得ポイント:キャンペーン20000ポイント+20万円x1%=22000ポイント
    実質還元率:22000ポイント÷236720円 = 9.29%
  • 50万円利用のとき
    費用合計:33480+3240+500000=536720円
    獲得ポイント:キャンペーン50000ポイント+50万円x1%=55000ポイント
    実質還元率:55000ポイント÷536720円 = 10.24%
  • 100万円利用のとき
    費用合計:33480+3240+1000000=1036720円
    獲得ポイント:キャンペーン80000ポイント+100万円x1%=90000ポイント
    実質還元率:90000ポイント÷1036720円 = 8.68%
  • 200万円利用のとき
    費用合計:33480+3240+2000000=2036720円
    獲得ポイント:キャンペーン110000ポイント+200万円x1%=130000ポイント
    実質還元率:130000ポイント/2036720円 = 6.38%

こうしてみると50万円利用するときが最も高く、還元率はなんと10%を超えているんですね。

還元率10%のクレジットカードなんてありえないでしょう。

通常時還元率1.2%のカードをシコシコ使うよりも、こうした入会キャンペーンの利用してカード払いしていくと、劇的な高還元率でポイントをもらうことができます。

おすすめは、結婚式など高額出費の予定があるときに、アメックスビジネスゴールドカードのような実質還元率が高いカードで支払うことです。

僕はこの方法で、新婚旅行の飛行機代をタダにすることができました。

普通にカードを利用するだけど、通常の還元率が限界ですが、入会キャンペーンも加味した実質還元率で見ていくと1%や2%なんていう次元は簡単に飛び越えた還元率を手にすることができてしまうんですね。

ぜひ入会キャンペーンの利用は試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

予想以上に入会キャンペーンを加味すると、実質還元率が高いことをご理解いただけたのではと思います。

カードを作り過ぎてしまうのはそれはそれで問題なので、適度な頻度でタイミングにあったキャンペーンがあれば、有効に活用していくのが良いと思います。

クレカ好きな人は30代おっさんなら多いと思うので実質還元率をぜひ活用してみてください。
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください