【画像つき】SBI証券の米国株の買い方を徹底解説!




こんにちは、シータ@tsumitate_theta)です。

サブレくん
SBI証券で米国株を買ってみたいけど、やり方がぜんぜんわからなくて不安だぽっぽよ
blank
シータ
初めてだとこわいよね。画像付きで詳しく紹介するね!

「SBI証券で米国株を買いたいけど間違えるのがこわくて不安」

こんな方向けにこれから米国株を始める方に向けて、具体的な買い方の全手順を画像つきで解説します。

この記事を読み流れ設定していけば、特に迷うことなく買い付け注文ができるはずです。

「どれを選択すべきか」理由を添えてわかりやすく紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

blank
シータ
それでは早速見ていこう!




SBI証券の米国株の買い方

blank
シータ
SBI証券の米国株はこんな手順で買うことができるよ
SBI証券の米国株の買い方

  • 円をドルに交換する
  • 購入する銘柄を選ぶ
  • 注文内容を指定する
  • 注文内容を確認する
blank
シータ
1つずつ紹介していくね!

円をドルに交換する

blank
シータ
まずは米ドルを用意しよう!

米国株は米国市場で米ドルで取引されています。

SBI証券の米国株は、日本円と米ドルどちらでも買うことができますが、事前に自分で円を米ドルに交換しておくと、必要な為替手数料を安くすることができます。

為替手数料の違い

  • 日本円で購入→25銭の為替手数料
  • 事前に円をドルに交換して購入→0.2銭〜4銭の為替手数料
blank
シータ
だから事前に米ドルに交換するとお得だよ!

米ドルに交換する方法は次の3つがあります。

円を米ドルに交換する方法

  • SBIネット銀行の外貨預金でドルを買う:2銭
  • SBIネット銀行の外貨積立でドルを買う:4銭
  • SBI FXαでドルを買う:0.2銭

SBI FXαを使うやり方が最も為替手数料を安くすることができますが、最低で約110万円ほどのお金が必要になってしまうので、まとまったお金がある場合しか使えません。

blank
シータ
普段使いなら、SBIネット銀行の外貨預金でドルを買うのがいいよ!

SBIネット銀行でドルを買う方法はドル転のおすすめの方法は?住信SBIネット銀行の外貨積立なら為替手数料が2銭でかなりお得で画像付きで解説しているので、こちらを参考にすすめてみてください。

blank
シータ
110万円以上のまとまったお金がある人は、SBI証券のFXを使うとさらに手数料を安くできるからこっちがおすすめだよ!

「FXなんてなんだかこわいから無理だよ」という方のために、SBI証券のFXでドル転!米国株売買の為替手数料を国内最安(0.27銭)にするやり方に画像付きでドルを買う手順をまとめているので、利用するときはこちらを参考にドルと交換してみてください。

blank
シータ
正しくドルが購入できていれば、以下の「買付余力」の部分に金額が反映されてるはずだから確認してみよう

blank

もし、反映されていない場合、SBI証券口座への振替を忘れているかもしれません。さきほどの記事を参考に、SBI証券口座への振替も実施してみてください。

SPONSORED

購入する銘柄を選ぶ

blank
シータ
ドルの準備が出来たら早速米国株の買い方を見ていくよ!

まずはSBI証券のトップページへ行き、右側のメニュー「外国株式」クリックします。

blank

銘柄を検索する「外国株式」クリックすると、以下のような外国株式トップページが表示されます。

blank

上記の検索窓「銘柄名」「ティッカー(個別銘柄を識別するコード)」を入力し「検索」クリックすると、銘柄を探すことができます。

blank
シータ
もちろん日本語での検索もできるよ

blank

blank
シータ
ここで「マイクロソフト」検索してみるよ!

個別銘柄画面で買付をクリックする

MSFTで検索すると、以下の画面が表示されます。

blank

blank
シータ
マイクロソフトを買うため「買付」タンをクリックしよう!

注文方法を指定する

blank
シータ
次は買付注文の内容を入力していくよ!

blank

blank
シータ
1つずつ項目をみていこう

株数

blank
シータ
まずは購入する株数を入力するよ

blank

米国株は投資信託のよう「1万円分購入する」いった買い方はできません。株数を必ず指定する必要があります。

blank
シータ
購入する株数は、面倒だけど以下のように自分で計算する必要があるよ
購入株数の計算方法

  • 株数 = 投資額 ÷ 株価
blank
シータ
たとえば、投資額が200ドルで、株価が160ドルの場合、こんな感じになるよ
購入する株数

  • 株数 = 投資額 ÷ 株価
      200ドル ÷ 160ドル
      = 1株

価格

blank
シータ
次は株を購入する価格を指定するよ

SBI証券の株の購入には次の3種類の買い方が指定できます。

SBI証券の株注文方式

  • 指値:特定の価格に下がったときに購入する
    (購入する価格を優先。逆張り)
  • 成行:その時点でのマーケットの価格に委ねる
    (購入することを優先)
  • 逆指値:特定の価格に上がったときに購入する
    (購入する価格を優先。順張り)
blank
シータ
「指値」場合は次のように購入価格を指定するよ

blank「指値」「価格が自分に有利な方向に動いたときに購入する」方法です。

なので、上記で指定する指値価格は、必ず時価よりも低い価格を指定する必要があります。

blank
シータ
「成行」場合は、マーケットの時価で購入するから、価格を指定することはできないよ

blank

blank
シータ
「逆指値」場合は、こんな風な項目を入力するよ

blank「逆指値」「価格が自分に不利な方向に動いたときに購入する」方法で、主に順張り(価格が最高値を更新したときに買うやり方)で購入するときに利用します。

blank
シータ
「逆指値」注文するときは、さらに逆指値(指値)か逆指値(成行)かを選択するよ
逆指値のときの注文方法

  • 逆指値(成行):現在値が指定価格を上回ったら注文が有効になり、その時の時価で購入する
    必ず購入できるが大きく購入価格がすべることがある
  • 逆指値(指値):現在地が指定価格を上回ったら注文が有効になり、その後指値で購入する
    必ず指定価格で約定するが、価格変動が激しいと購入できないことがある

「逆指値」上記どちらの方式で「現在地が指定価格を上回ると注文が有効になる」いう点は同じです。

注文が有効になった後は、通常「指値」成行」と同じ動作になります。「指値」あれば指定した価格に株価が動けば購入になり「成行」時価で即座に約定します。

blank
シータ
僕の成長株投資は順張りの手法だか「逆指値」使うことが多いよ。
blank
シータ
何を選べばわからないとき「成行」文で良いと思うよ。それからいろいろ試してみて自分にあった注文の仕方を探っていくといいよ

注文の有効期間

blank
シータ
注文がいつまで有効にするかを指定することができるよ

blank

blank
シータ
今日だけ有効にしたけれ「当日中」特定の日まで有効にしたけれ「期間指定」選んで日付を入力しよう
「成行」注文する場合は「当日中」選べばOKです。

米国株の預かり区分

blank
シータ
株の預かり区分を指定するよ

blank「一般預かり」「特定預かり」の2つから選ぶことになりますが、違いは以下のとおりです。

預り区分の違い

  • 一般預り:一般口座。損益を自分で計算し確定申告する必要がある
  • 特定預り:特定口座。確定申告不要。口座内で税金徴収を自動でやってくれる。

「収支を自分で計算して確定申告をしたい」を除いて、99%の方「特定預り」選択しておくのが良いと思います。

決済方法

blank
シータ
最後に決済方法を選ぶよ

blank

日本円で米国株を購入したい人「円貨決済」、ドルで購入したい人「外貨決済」選びます。

ここでは事前にドルに交換済みとし「外貨決済」選択します。

最後「取引パスワード」入力「注文確認画面へ」クリックします。

blank

SPONSORED

注文内容の確認

blank
シータ
注文確認にすすむとこんな画面が表示されるから、内容を確認しよう!

以下「成行」注文した場合の内容確認です。

blank

内容に問題がないか確認をしましょう。「成行」文の場合「概算注文見積」約定代金が株価よりも多く表示されるので不安になる方も多いと思いますが、この数字は一時的に多めの金額が表示されているだけなのでだいじょうぶです。

blank「見積価格」ところは、以下のルールで概算価格が表示されています。

成行時の見積価格

  • 株価が100ドル未満:現在値 x 110%
  • 株価が100ドル以上:現在地 x 103%

参考:米国株式で成行・逆指値(成行)注文を発注する際、買付余力はいくら必要…

blank
シータ
実際に約定するときは、その時点での時価で正しく買い付けされるから心配しなくていいよ!

ちなみ「指値」注文すると、以下のように指値で指定した価格「見積価格」計算されるようになります。

blank

blank
シータ
内容に問題がなけれ「注文発注」タンをクリックしよう!

注文完了

blank
シータ
これで買付注文は完了だよ!

blank

blank
シータ
注文の訂正をしたい場合は「注文照会(取消・訂正)」クリックしよう
SPONSORED

注文の変更ももちろんできる

blank
シータ
「注文照会」クリックすると、注文の一覧画面に進むよ!

訂正したい場合は、以下「訂正」ンクをクリックします。

blank

blank
シータ
ちなみ「注文の訂正」できるの「指値注文」時だけだから注意してね!
blank
シータ
訂正画面では「指値の価格」「成行注文への変更」ができるよ!

blank

ここで「成行注文への変更」進めてみます。

blank
シータ
問題なけれ「注文確認画面へ」クリックしよう

blank

blank
シータ
内容に問題がなけれ「注文発注」クリックすれば訂正は完了だよ!
SPONSORED

注文の取り消しもできる

blank
シータ
もちろん注文の取り消しもできるよ!
「注文照会」画面から注文の取り消しもできます。

blank

取消をしたい場合は、上記「取消」ンクをクリックします。

blank
シータ
取消内容確認が出てくるから、問題なければ注文取消をクリックしよう!

blank

blank
シータ
これで取消も完了だよ!

blank

SPONSORED

まとめ:米国株式は手数料がお得なSBI証券で始めよう

初めて米国株を買うときはこわいですが、ここまで解説した手順で進めれば誰でも間違うことなく安全に米国株を買うことができるはずなので、ぜひやってみてください。

僕は積立NISAは楽天証券を使っていますが、米国株は手数料を最安にできるSBI証券でスタートしました。

口座を作るのは面倒かもしれませんが、ノーリスクで手数料を下げられるので、やらないともったいないです。

もしまだお持ちでない方は、口座開設をして米国株を攻略するベストな装備を整えましょう!

CHECK! SBI証券

その他の証券会社との比較はこちらの記事をご覧ください。

米国株でおすすめの証券会社

blank
SBI証券
blank
マネックス証券
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください