【2018年版】社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の計算シミュレーション【一発でいくらか分かる】




こんにちは、こんにちは、税金が生活費を超えて節税に目覚めた元エンジニアのシータ@reuse_theta)です。

早見表は探すのがめんどくさい」
「もっと簡単に社会保険料が知りたい」

そんな方向けに、社会保険料の計算シミュレータを作りました。

2018年の新しい保険料率に対応しているので、ぜひ利用してみてください。

なお、「社会保険料は把握したから節税対策を詳しく知りたい」という方は、節税の網羅的な情報を「サラリーマンも節税できる!僕が100万円削減した税金対策まとめ」にまとめているのでぜひご覧ください。




社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)シミュレーション

シータ
「月収」の部分に、4月・5月・6月の平均月収を入れて「計算する」を押してみてね!
39歳以下 40歳以上
あなたの1ヶ月の社会保険料

  • 社会保険料:
    = 健康保険料円 + 厚生年金保険料円 + 介護保険料
  • 健康保険料:
    = 標準報酬月額円(等級) x 保険料率% ÷ 2 (会社と折半)
  • 厚生年金保険料:
    = 標準報酬月額円(等級) x 保険料率% ÷ 2 (会社と折半)
  • 介護保険料:
    = 標準報酬月額円(等級) x 保険料率% ÷ 2 (会社と折半)
1年分の社会保険料

  • 社会保険料:
    = 社会保険料円 x 14回(給与12ヶ月 + 賞与2ヶ月分)

計算には、協会けんぽの健康保険料・厚生年金保険料を使っています。
参考:平成30年度保険料額表(平成30年4月分から) | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

都道府県ごとの健康保険料率は、以下のものを使っています。
参考:平成30年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます

その他、計算に使っている基本的な情報は「【早見表付き】標準報酬月額から社会保険料を計算する方法」を参照ください。

サブレくん
僕の月収「20万」でやってみたら、社会保険料は28000円だったぽっぽ
サブレくん
1年間だと394000円だぽっぽ。

あれ?所得税や住民税よりも高いぽっぽ!

シータ
そうなんだ、実は年収900万ぐらいになるまでは、税金よりも社会保険料の方がめちゃくちゃ高いんだ

所得税・住民税がいくらか気になった人は、次の税金シミュレータもぜひお試しください。
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください