楽天証券のつみたてNISAは毎日積立でポイントがガンガン貯まる!クレカ決済との併用が最もお得




こんにちは、2019年から楽天証券のつみたてNISAに乗り換えたシータ@reuse_theta)です。

【画像付き】楽天証券のつみたてNISAの買い方を紹介!おすすめ設定方法も解説」で紹介したとおり、楽天カードでつみたてNISAの投信積立設定を一通り終えたのですが、1つだけ難点がありました。

それは2019年の2月分からしかクレジット決済で積立ができないことです。2018年の中盤からずっと楽天証券での積立NISAを待ち望んでいたので、1月分も積立できたらいいなと思っていました。

ですが、色々考えていたら気づいてしまったんですよね。

シータ
あれ?クレカ決済じゃなくて普通に毎日積立で始めれば、1月からつみたてNISAやりながらポイントもらえるじゃん・・・!

楽天証券の毎日積立は楽天銀行と連携すれば毎日楽天ポイントをもらえるという特典があります。

そこで、以下のように「毎日積立」「クレカ決済」を併用することにしました。

毎日積立とクレカ決済を併用
  • 積立NISA:毎日積立でポイントゲット
    ※「毎日積立」はつみたてNISA限定の特権
  • 特定口座:クレカ決済でポイントゲット

クレカ決済で1%楽天ポイントをもらう方法は「【画像付き】楽天証券のつみたてNISAの買い方を紹介!おすすめ設定方法も解説」で紹介しているので、この記事では楽天証券の毎日積立でポイントを得る方法をご紹介します。

なお、「iDeCo・NISAとの違い」「おすすめの資産配分」「金融機関」「商品」などつみたてNISAの網羅的な攻略情報はこちらにまとめているので、これからつみたてNISAを始めようという方は、ぜひご覧ください。

また、全体像をさらっと眺めたい方は「つみたてNISAサイトマップ」の方からご覧下さい。

※期間限定でNISA口座開設キャンペーン中です。




楽天証券の毎日積立でポイントをもらう方法

シータ
楽天証券の毎日積立でポイントをもらうには次の3つの設定をしよう
毎日積立でポイントをもらう方法
  1. 楽天銀行のハッピープログラムにエントリーする
  2. 楽天銀行と楽天証券でマネーブリッジの設定をする
  3. 楽天証券のつみたてNISAで毎日積立の設定をする

毎日積立で楽天ポイントをもらうためには以下の事前準備が必要です。全て無料で口座開設はできるので、予め用意をしておいてください。

楽天ポイント獲得に必要な事前準備
  1. 楽天証券口座を開設
  2. 楽天銀行口座を開設
シータ
ではひとつずつ見ていくよ!

楽天銀行のハッピープログラムにエントリーする

シータ
楽天銀行のハッピープログラムにエントリーすると、様々条件でポイントがもらえるようになるよ

ハッピープラグラムでポイントをもらえる条件は次のようになっています。

ハッピープログラムでは即時入金サービス1件につき最大3ポイントもらえる

つみたてNISAの「毎日積立」では、次の条件でポイント獲得を狙います。

毎日積立でのポイント獲得条件
  • 対象サービス:楽天銀行即時入金サービス
  • 条件:1件ごと
  • 獲得ポイント:「VIP」以上なら最大で1件ごとに3ポイント

もらえる条件は「1件ごと」なので、「毎日積立」であれば本当に毎日ポイント獲得の条件を満たせます。

もらえるポイントの上限は1日15件=45ポイントまで

1日あたり最大で15回までの取引がポイント獲得の対象となります。

毎日積立でもらえるポイントの最大値は次のとおりです。

1日・1ヶ月の最大獲得ポイント
  • 1日:45ポイント = 3ポイントx15本の投資信託を毎日積立
  • 1ヶ月:900ポイント = 平日20日 x 45ポイント

正直、15種類もの投資信託を毎日積立設定するのはおすすめしません。長期投資で資産を増やすのが本来の目的なのに、目先の小銭に釣られて、買うべきでない投資信託に手を出してしまったら本末転倒です。

資産運用を第1に考え、無駄にならない投資信託を選ぶのが良いでしょう。

シータ
僕は「eMAXIS Slim先進国株式」「eMAXIS Slim新興国株式」の2本積立にしたよ!

ポイントが3倍のVIP以上になるには月に20回以上の取引をすればOK

シータ
ポイントが3倍のVIP以上になるには月に20回以上の取引をすればOKだよ!
Rakuten happyprogram3 1
投資信託1本を毎日積み立てるだけで、取引回数20回は達成可能なので簡単です。

投資信託を2本以上にすれば「スーパーVIP」にもなれるので、eMAXIS Slimの先進国・新興国コンビを買うのは悪くない選択肢だと思います。

SPONSORED

楽天銀行と楽天証券でマネーブリッジの設定をする

シータ
楽天銀行から楽天証券へ自動入金させるためにマネーブリッジの設定をするよ

ハッピープログラムのポイント獲得条件を満たすために、楽天銀行と楽天証券を連携させるマネーブリッジの設定をして、自動入出金を使えるようにします。

マネーブリッジの設定手順
  1. マネーブリッジ画面へ移動
  2. 「マネーブリッジ申し込み」をクリック
  3. 楽天銀行にログインする
  4. 規約に同意して申し込みをクリック
  5. 楽天証券にログイン
  6. 規約に同意して申し込みをクリック

特別な操作はないので、口座にログインできれば問題なくマネーブリッジの申し込みはできると思います。

申し込み後すぐに有効になるのではなく、以下のとおり少し時間がかかるのでやきもきせずに我慢しましょう。

マネーブリッジのご利用が可能となりましたら、メッセージボックスに設定完了の旨をご案内いたします。
毎営業日17:00まで※にお申込み手続きが完了した場合、原則当日中(19:00以降)にお手続き完了のご案内をいたします。
毎営業日17:00以降、翌営業日17:00まで※のお申込み分につきましては、翌営業日(19:00以降)※にお手続き完了のご案内を致します。

※土・日・祝日・12月31日~1月3日を除きます。
出典:楽天銀行-よくあるご質問(FAQ)

メッセージが届き、次のように自動入出金の設定がされていれば、準備は完了です。

マネーブリッジな有効な状態

楽天証券のつみたてNISAで毎日積立の設定をする

シータ
最後につみたてNISAで毎日積立の設定をするよ!

基本的には「【画像付き】楽天証券のつみたてNISAの買い方を紹介!おすすめ設定方法も解説」で紹介した設定内容と同じになるので、先にこちらに目を通していただくと理解がスムーズです。細かい部分まで理由を添えて設定すべき内容を解説しています。

シータ
ここでは設定が違う部分だけを紹介するね!

引落口座:「証券口座」を指定する

次の引落口座を指定するところで「証券口座」を選択します。
引き落とし口座に証券会社を指定する

「証券会社」を選択すると、証券会社に現金がない場合、楽天銀行から不足資金を自動入金してくれます。この設定によりハッピープログラムの条件が満たせるようになります。

積立タイミング:「毎日」を指定する

積立タイミングのところは忘れずに「毎日」を設定しましょう。
積立タイミングに毎日を指定する

他の項目に関しては「【画像付き】楽天証券のつみたてNISAの買い方を紹介!おすすめ設定方法も解説」で紹介しているものと同じです。分配金は「再投資」を選択するなど、大事なことも解説しているので忘れずに目を通しておいてください。

SPONSORED

投資余力がある人は「毎日積立」と「クレカ決済」の併用が最もお得

シータ
積立NISAの毎月の限度額33,333円を超えて投資をしたい人は、クレカ決済との併用で最もお得になるよ!

「毎日積立」はつみたてNISAだけでしかできませんが、「クレジットカードによる投信積立」はつみたてNISAでなくとも使えます。

冒頭でお伝えしたとおり、僕は以下のように「毎日積立」「クレカ決済」を併用することにしました。

毎日積立とクレカ決済を併用
  • 積立NISA:毎日積立でポイントゲット
    ※「毎日積立」はつみたてNISA限定の特権
  • 特定口座:クレカ決済でポイントゲット
シータ
積立設定はこんな感じになったよ!
投資余力がある人は「毎日積立」と「クレカ決済」の併用が最もお得

毎日積立のポイントをもらい「スーパーVIP」になりつつ、クレカ決済で1%ポイント還元ももらう作戦です。

シータ
投資資金に余力のある方におすすめだよ!

まとめ:つみたてNISAはポイント還元がお得な楽天証券で始めよう

現状では、楽天証券は群を抜いてお得な証券会社と言えます。

「毎日積立でポイント還元」は少額で積立投資を始めたい人にピッタリです。

さらに楽天証券のクレカ決済を使えば、5万円を上限に1%のポイント還元があります。

ノーリスクで1%コストを安くできるので負けにくくなります。僕もSBI証券から楽天証券のつみたてNISAへ移管をしました。

今なら期間限定で楽天ポイントがもらえるキャンペーンを開催しているので、まだの口座をお持ちでない方はお得なこのタイミングで申し込んでおきましょう!

CHECK! 【楽天証券】口座開設キャンペーン

楽天証券と他証券会社の比較は、こちらの記事をご覧ください。

ローコストでおすすめのネット証券

楽天証券
SBI証券
マネックス証券(iDeCo)
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください