ドル転のおすすめの方法は?住信SBIネット銀行の外貨積立なら為替手数料が2銭でかなりお得




こんにちは、シータ(@tsumitate_theta)です。

サブレくん
ドル転のおすすめの方法を教えてぽっぽよ!
blank
シータ
普段使いなら、住信SBIネット銀行の外貨積立でドル転するのがおすすめだよ!

「米国株を買うための為替手数料を抑えるにはどのやり方がいいんだろう」
「ドル転で失敗しないやり方があったら知りたいな」

こんな方向けに、米国株を買うためのドル転でおすすめの方法をご紹介します。

結論から言うと普段使いなら「住信SBIネット銀行の外貨積立」でドル転するのがおすすめです。

この記事で分かること

  • 状況にあわせた最適なドル転方法が分かる
  • 住信SBIネット銀行の外貨積立による具体的なドル転手順が分かる

この記事を読めば、「知らずにドル転して損をしてしまった」という状況をなくし、いつでもオトクな方法を選択して、安全にドル転ができるようになるはずです。

なお、米国株投資で手数料負けしない金額については「米国株(アメリカ株)で手数料負けしない売買金額は?【最低手数料は無料になりました】」で紹介しているので、気になる方はご覧ください。

blank
シータ
それでは早速いってみよう!




普段使いでのドル転なら住信SBIネット銀行の外貨積立がおすすめ【為替手数料2銭】

普段使いでのドル転なら住信SBIネット銀行の外貨積立がおすすめ【為替手数料2銭】
blank
シータ
普段使いでのドル転なら、住信SBIネット銀行の外貨積立を使うのがおすすめだよ!

米国株を買うには「米ドル」が必要で、その際に「為替手数料」が必ず発生しますが、住信SBIネット銀行の外貨積立を使うと、為替手数料を2銭に抑えることができます。

日本円を米ドルに交換できるいくつかの方法の為替手数料をまとめたものが次の表です。

米ドル
購入方法
為替手数料
(1米ドルあたり)
SBI証券25銭
楽天証券25銭
マネックス証券25銭
住信SBIネット銀行
外貨預金
4銭
住信SBIネット銀行
外貨積立
2銭
SBI FX0.27銭

特に工夫をせずに証券会社で日本円をドルに交換すると、25銭かかります。これは国内のネット証券TOP3(SBI証券、楽天証券、マネックス証券)すべて同じです。

ですが、「SBI証券」に限り、「住信SBIネット銀行でドルを購入」「SBI証券にドルを持ち込む」ということが可能です。

年間で100万円分のドルを購入する場合、住信SBIネット銀行の外貨積立を使うと約2,300円手数料が安くなる計算です。

blank
シータ
長い期間投資をするほど、手数料はボディブローのように知らないうちにリターンに効いてくるから、できるだけ低コストに抑えた方がよいよ!

1万ドル(110万円)以上ならSBI FXでドル転する方がお得【為替手数料0.27銭】

SBI証券のFXでドル転すると、米国株為替手数料を国内最安(0.27銭)にできる
blank
シータ
もし1万ドル(約110万円)以上のまとまったお金をドル転するなら、SBI FXを使うのが1番お得だよ!

金額が大きいので「まとまったお金を一括で投資にまわしたい」というレアなケースに限定されてしまうと思いますが、1万ドル以上のお金をドル転させるならSBI FXを使うと為替手数料を0.27銭にできるので最もお得になります。

置かれた状況に応じて、次のように米ドル調達方法を使い分けるとコストを上手に抑えることができます。

為替手数料を安く済ませる方法

  • 住信SBIネット銀行「外貨積立」2銭:毎月の積立に利用
  • 住信SBIネット銀行「外貨預金」4銭:スポットの積立に利用
  • SBI FX 0.27銭:110万円以上の一括投資に利用

いずれのパターンもSBI証券住信SBIネット銀行が不可欠になるので、米国株投資をやる場合はこれら2つの口座を用意すると幸せになれると思います。

blank
シータ
米国株をやるときは、住信SBIネット銀行SBI証券を用意しておこう!

SBI FXを使ったドル転の具体的なやり方はSBI証券のFXでドル転!米国株売買の為替手数料を国内最安(0.27銭)にするやり方で画像つきで解説しているので、一括投資を考えている方は必ず読んでみてください。

SPONSORED

住信SBIネット銀行の外貨積立でドル転する方法

blank
シータ
SBIネット銀行の外貨積立でドル転するやり方を紹介するよ!

まずは住信SBIネット銀行のアプリを立ち上げます。「ブラウザでSBIネット銀行にログイン」でもOKです。

blank
シータ
ホームの「外貨預金」をタップしよう!
住信SBIネット銀行の外貨積立をする

すると、外貨預金の画面に進みます。

blank
シータ
ここでは「外貨預金メニュー」をタップしてね!
外貨預金メニューをタップする
blank
シータ
メニューが開くから、「外貨積立」をタップだよ!
外貨積立をタップする
blank
シータ
注意事項を読んだら「お申込み」をタップして先にすすもう!
お申込みをタップする
blank
シータ
ここでは外貨積立の内容を入力していくよ!
買付通貨、買付金額、買付頻度を入力する 買付け日を指定して確認するをタップする

入力内容は次のとおりです。

申込み内容

  • 買付通貨:「米ドル」を選択
  • 買付金額:米国株で手数料負けしないために約12.5万以上を推奨
    僕はキリのいい15万円にしてます
  • 買付頻度:「毎日・毎週・毎月」から好きな頻度を選択
    僕は積立金額をコントロールしやすい「毎月」が好みです
  • 買付日指定:好きな日を指定
    僕は天引き感覚で積立できるよう給料日翌日の「26日」にしてます

米国株の「手数料負け」がよくわからない方は米国株(アメリカ株)で手数料負けしない売買金額は?【最低手数料は無料になりました】で解説しているので、ぜひいちどご覧ください。

blank
シータ
内容を入力したら、「確認する」をタップして先に進もう!
申し込み内容に間違いがないか確認する
blank
シータ
内容を確認して問題なければ、「WEB取引パスワード」を入力して、設定完了だよ!
blank
シータ
簡単だったでしょ!

あとは、指定した買付日の午前4:00になったら代表普通預金から自動振替がされます。

午前8:30の購入レートで米ドルの購入が実行される流れです。画面に反映されるのも午前8:30過ぎになります。

blank
シータ
実行された外貨積立は、「申込内容・履歴照会」から確認ができるよ!
購入した履歴は申込内容・履歴紹介から確認できます
SPONSORED

住信SBIネット銀行の米ドルをSBI証券に振替する方法

blank
シータ
外貨積立で米ドルを買った後は、SBI証券に振替をすると米国株の購入に使えるようになるよ!

まずは住信SBIネット銀行の米ドル残高を確認しておきましょう。後で振替金額を入力するときに使います。

blank
シータ
こんな感じで確認できるよ!

今回は2725.79ドルだね!

SBIネット銀行の米ドル残高を確認する

余談ですが、SBIネット銀行は「月末時点で外貨預金の残高が1円でもある」と、スマートプログラムのランクがあがり、無料振込回数を多くもらえます。

僕は「ハイブリッド残高あり」「外貨預金残高あり」「給与口座指定」の3つで「ランク3」を獲得し、振込無料回数を7回もらっています。詳しくは公式のページをどうぞ。

CHECK! スマプロランクについて | スマートプログラム | 住信SBIネット銀行

今回は1ドル残高に残すため、2724.79ドルをSBI証券へ振り替えることにしました。

blank
シータ
振り替える金額を決めたら、SBI証券にログインしよう!

SBI証券にログイン後、「入出金・振替」「外貨入出金」をクリックします。
SBI証券で入出金・振替から外貨入出金をクリックする

blank
シータ
すると、SBIネット銀行の外貨入金指示画面になるから、情報を入力しよう!
外貨入金画面で必要な情報を入力する
この画面で入力するのはこちらです。

入力内容

  • 通貨:「米ドル」を選択
  • 振込金額:振り替える金額を入力。今回は2724.79ドル
  • 取引パスワード:取引パスワードを入力
blank
シータ
内容を入力したら、「振込指示確認」をクリックしよう!

すると、次のような内容確認画面に進みます。
外貨入金の内容を確認する

blank
シータ
内容に問題がなかったら「振込指示」ボタンをクリックしてね!

クリックすると、住信SBIネット銀行のログイン画面になるので、ユーザネーム、パスワードを入力してログインします。
SBIネット銀行へログインする

SBIネット銀行の方でも振込内容の確認がはいります。

blank
シータ
ちゃんと2724.79ドルになってる。内容に問題なさそうだね!
振込内容を確認する

内容に問題なければ、チェックボックスにチェックを入れて、WEB取引パスワードを入力し、「確定する」をクリックします。

必要な項目にチェックを入れて確定する
blank
シータ
完了画面が表示されれば、振込手続きは完了だよ!
振込完了画面
blank
シータ
SBI証券の外貨入出金の操作履歴を見ると、こんな感じで指示内容が確認できるよ!
操作履歴で完了となっていることを確認する
blank
シータ
状態が「完了」になっていれば、米ドルの買付余力に反映されてるから、すぐにでも米国株を買えるようになってるはずだよ!

ここまでで、無事SBIネット銀行の外貨積立でドル転させ、米国株を買える状態になりました。

blank
シータ
お疲れ様だね!
SPONSORED

まとめ:米国株は手数料が最安のSBI証券で始めよう

住信SBIネット銀行の外貨積立でドル転(日本円を米ドルに交換)すると、為替手数料を2銭に抑えることができます。

blank
シータ
110万円未満のドル転をするなら住信SBIネット銀行の外貨積立が最安だから、米国株の積立をする場合は必ず利用するようにしよう!

この記事で紹介した手順どおりに操作をすれば、誰でも簡単に米ドルを調達できるので、米国株の積立投資を検討している方はぜひ試してみてください。

米国株をやるなら手数料が最安になるSBI証券が相対的にお得です。

僕の場合、積立NISAは楽天証券を使っていますが、米国株は手数料を最安にできるSBI証券でスタートしました。

口座を作るのは面倒かもしれませんが、ノーリスクで手数料を下げられるので、やらないともったいないです。

もしまだお持ちでない方は、口座開設をして米国株を攻略するベストな装備を整えましょう!

CHECK! SBI証券

その他の証券会社との比較はこちらの記事をご覧ください。

米国株でおすすめの証券会社

blank
SBI証券
blank
マネックス証券
















3 件のコメント

  • とても分かりやすい記事をありがとうございます。
    SBI証券のFXでドル転の記事と併せて読ませていただき、非常に参考になりました。

    1点質問させてほしいです。

    住信SBIネット銀行の米ドルをSBI証券に振替するところを定期的に行うサービスはないのでしょうか?

    質問の背景としては、
    私はSBI証券のETF定期買付サービスを利用したいと考えているのですが、なるべく手間を減らしたいと思っています。
    SBIネット銀行で外貨積立を、SBI証券でETF定期買付サービス(毎月の外貨積立と同じ額)を設定すれば、
    ほったらかし状態で毎月ETFの購入ができるのかと思っていたのですが、手順を見るとSBI証券への振替は毎月手動で行う必要がありそうだと気づき、上記の質問をさせていただきました。

    お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。

    • ムラオさん、コメントありがとうございます。

      残念ながら、住信SBIネット銀行の米ドルをSBI証券へ自動振替できるサービスはいまのところ存在しません。
      そこだけは手動でやる必要があります。

      ここが自動化できるとさらに使い勝手がよくなるので、SBI証券には頑張ってもらいたいですね…!

  • ご回答ありがとうございます。

    やはりないですよね。。
    そのあたりをを踏まえてドル転を外貨積立でやるかFXでやるか改めて考えたいと思います。

    ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください